2007年7月5日木曜日

TOEFLとは

TOEFL(トーフル)」とは、「TestOfEnglishasaForeignLanguage(外国語としての英語テスト)」の略語

英語圏以外の国の、アメリカ合衆国やカナダなどへの留学希望者を対象とする、英語力の評価のための検定です。

TOEFLは、アメリカのNPO「ETS(EducationalTestingService)社」が主催しているもので、日本ではCIEE(CouncilofInt'lEducationExchange―国際教育交換協議会)が窓口になっています。

TOEFLにはペーパー版とコンピューター版の2種類がありますが、2006年からはインターネット版(iBT)も導入される予定です(アメリカ・カナダ・ドイツなどでは既に導入済み)。

TOEFLのペーパー版の内容は年によって違い、年数回、全国のいくつかの会場で実施されます。

一方TOEFLのコンピューター版は、東京(2カ所)・横浜・大阪の計4カ所のテストセンターで、祝祭日以外の日に、1日2回実施しています。

TOEFLはTOEICと同じくスコア制を採用しているため、合否判定というものはありません。

英語圏の大学・大学院に留学するためには、TOEFLで規定以上のスコアを獲得する必要があります。
Template Design: © 2007 Envy Inc.